ドコモが端末の「36回払い」を導入 スマホ返却で12回分の支払いを免除する「スマホおかえしプログラム」も開始【更新】

ドコモが端末の「36回払い」を導入 スマホ返却で12回分の支払いを免除する「スマホおかえしプログラム」も開始【更新】
スマホおかえしプログラム
 NTTドコモは6月1日から、端末代金の分割払い(割賦)の回数に「36回」を追加する。それに合わせて、端末を返却することで36回払いのうち12回分の支払いを免除する「スマホおかえしプログラム」を導入する。プログラムの月額料金は無料だ。

【更新:16時55分】iPhoneの対象機種や取材で得られた情報の追記と、画像の追加を行いました

●スマホおかえしプログラムの概要

 スマホおかえしプログラムは、ドコモが指定するスマートフォン(後述)を36回払いで購入した場合に、購入した端末を“返却”することを条件に最大12回分の支払いを不要(免除)とするプログラム。申し込み時にはドコモ回線の契約が必要だが、適用時に「回線契約の継続」「機種変更」といった条件はかからない。

 例えば、プログラム加入後にドコモ回線を解約(MNP転出を含む)しても、端末購入時の割賦契約が残ってればプログラムを適用できる。

 免除される金額は、端末購入翌月から24カ月目までが分割支払い金12回分。それ以降は、1カ月ごとに1回分の金額が減額される。

 なお、端末返却時にドコモが満たす査定基準を満たさない場合は、「故障時利用料」が2万円(ケータイ補償サービスまたはケータイ補償サービス for iPhone&iPad加入時は2000円)請求される。基準は「下取りプログラム」のものを準用するという。

 このプログラムを使って端末を返却する場合、ドコモ取扱店(※)に持ち込むことになるが、一部の取扱店では、返却時点の分割支払い金の残額が1万円を超える場合は扱えない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia Mobileの記事をもっと見る 2019年5月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。