「ZenFone 6」発表、フリップカメラ搭載でノッチなし その中身を徹底解説する

「ZenFone 6」発表、フリップカメラ搭載でノッチなし その中身を徹底解説する
ASUSの新型スマートフォン「ZenFone 6」。本体カラーはTwilight SilverとMidnight Blackの2色
 ASUSは5月16日(現地時間)、スペイン・バレンシアで、ZenFoneシリーズの新たなフラグシップモデル「ZenFone 6」を発表した。

 ZenFone 6は、狭額縁の6.4型「All-screen NanoEdge Display」と、背面に搭載した「Flip Camera(フリップカメラ)」が特徴的なAndroidスマートフォン。フリップカメラは、セルフィーや顔認証の際にモーターで素早く立ち上がるため、本体正面にカメラはなく、正面はほぼディスプレイで占められている。最近のスマホによく見られるノッチもなく、6.4型と大画面だが持ちやすいサイズに収まっている。

 ASUSは、バレンシアで行われた発表会に先立ち、4月中旬に世界各国の報道関係者を台北の本社に招き、技術者によるZenFone 6の詳細な説明会を開催した。今回は、そのときの情報を交えながらZenFone 6について紹介する。

●ノッチのない全画面ディスプレイ

 ZenFone 6の開発にあたっては、以下の4つのポイントを重視したという。「快適な視聴体験」「バッテリーの持ち」「素早い動きと使い勝手」「写真好きのクリエイティビティを刺激するカメラ機能」の4つだ。

 それらの中でも、スマホの操作の大部分が行われるのがディスプレイだ。ZenFone 6では本体サイズを維持したまま、より見やすく大きな画面にすることを目指した。オールスクリーンナノエッジディスプレイと名付けられた超狭額縁のディスプレイはノッチもパンチホールもなく、手に持つと画面だけを持っているような感覚だ。6.4型と大画面ながら、画面占有率が92%と高いため、前機種の6.2型のZenFone 5と本体サイズはほとんど変わらない。また、背面は両端がカーブしていて、持ちやすいデザインだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia Mobileの記事をもっと見る 2019年5月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ファーウェイ」のニュース

次に読みたい関連記事「ファーウェイ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。