auの「+メッセージ」が公式アカウントに対応 自らも4つのアカウントを開設

auの「+メッセージ」が公式アカウントに対応 自らも4つのアカウントを開設
バージョンアップ後の「+メッセージ」アプリ(Android版)では連絡先表示の中に「公式アカウントを探す」が加わる
 KDDIと沖縄セルラー電話(au)は5月23日、3キャリア共通メッセージングサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」における「公式アカウント」サービスを開始。合わせて、auユーザー向けに「auサポート」「auオンラインショップ」「Wowma!」「auからのお知らせ」の公式アカウントを開設した。公式アカウントは、アプリを最新版に更新することで利用できる。

 なお、ドコモとソフトバンクにおける公式アカウントサービスの開始は8月を予定している。

●公式アカウントの「仲介サービス」も

 +メッセージの公式アカウントは企業や団体向けに提供される。利用を希望する企業・団体は各キャリアに申請を行い、承認されれば公式アカウントを通して利用者にメッセージを送ったりサービスを提供したりできる。

 ……と、勘の良い人は気付いたと思うが、+メッセージの公式アカウントを全キャリアで展開する場合、ドコモ、KDDI、ソフトバンクのそれぞれに申請しなければならない。「特定キャリアのユーザーにのみリーチしたい」というなら話は別だが、それはレアケースだろう。

 そこで、+メッセージの公式アカウントではアグリゲーター(仲介事業者)の「配信代行サービス」も利用できる。アグリゲーターに申し込めば、アカウント申請をまとめて代行してくれる上、配信の面倒も見てもらえる。

 KDDIも、自らがアグリゲーターとなる「KDDI Message Cast」の提供を開始。非キャリア系アグリゲーターも順次参入予定だという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia Mobileの記事をもっと見る 2019年5月23日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ソフトバンク」のニュース

次に読みたい関連記事「ソフトバンク」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NTTドコモ」のニュース

次に読みたい関連記事「NTTドコモ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。