ジョルダン「乗換案内」でバス遅延予測など配信 2020年春リリース

記事まとめ

  • ジョルダンが来春に、バスの遅延予測や接近情報などを「乗換案内」で提供する。
  • 遅延を考慮したバス検索に加え、バス停も地図で案内する。
  • 利用が無料になるか有料になるかは未定。

ジョルダンがバス遅延予測を「乗換案内」に導入へ 同社のMaaS戦略とは?

ジョルダンがバス遅延予測を「乗換案内」に導入へ 同社のMaaS戦略とは?
2020年春から、バスの接近情報を「乗換案内」で配信する
 ジョルダンが2020年春に、バスの遅延予測や接近情報などを「乗換案内」で提供する。

 バス情報を提供するサービスは、ジョルダンが開発した「ジョルダンスタイル バスロケーションシステム(以下、バスロケーションシステム)」を活用したもの。バスに取り付けた専用車載器がクラウド上でデータを解析し、スマホアプリやWebサービスと連携させる。このデータ解析にAIを活用することで、バスの到着時間や渋滞を予測したり、遅延を考慮した乗換検索をしたりできる。

 専用車載器「GZK-4GSI2000」はLTEに対応しており、位置情報を収集、送信する。車載器の通信環境は、ジョルダンがMVNOとして独自に開発した閉域網を提供しており、ファームウェアの更新やメンテナンスはジョルダンが一括で管理する。

 ジョルダンは2018年からバスロケーションシステムをバス会社に販売しており、2019年4月から箱根登山バスが運用している。

 バスは電車と異なり、渋滞によって到着時間が大きく遅れることがあるため、時刻が分からず、結局他の交通手段を利用するといったケースが起こりうる。またバス停の場所が分かりにくいという声も多いという。バスロケーションシステムは、こうした課題を解決するために開発した。乗換案内に遅延を考慮したバス検索に加え、バス停も地図で案内する。なお、乗換案内に導入されるバスロケーションシステムの利用が無料になるか有料になるかは未定。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia Mobileの記事をもっと見る 2019年9月10日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。