UQ mobileシニア向け「BASIO4」を2月下旬に発売

記事まとめ

  • UQ mobile向けに「BASIO4」を2020年2月下旬に発売する。
  • 同機種はシニアユーザーを主なターゲットとするモデル。
  • 約5.6型有機ELを搭載し、「ラジスマ」にも対応。

UQ mobileがシニア向け「BASIO4」を2月下旬に発売 5.6型有機EL搭載、ラジスマにも対応

UQ mobileがシニア向け「BASIO4」を2月下旬に発売 5.6型有機EL搭載、ラジスマにも対応
京セラ製の「BASIO4」
 UQコミュニケーションズが、MVNOサービス「UQ mobile」向けのスマートフォンとして、京セラ製の「BASIO4」を2020年2月下旬に発売する。価格は未定。

 BASIO4は、初めてスマートフォンを使うシニアユーザーを主なターゲットとするモデル。カラーはシャンパンゴールドとワインレッドの2色で、OSはAndroid 10を搭載する。SIMロックは掛かっていない。なお、auも同モデルの取り扱いを発表している。

 ディスプレイには約5.6型HD+という縦長の有機ELを搭載。ホームボタンの左右に電話とメールの専用キーを備えており、電話やメールの着信時に、各キーが光って知らせてくれる。USB Type-C端子に直接差し込める卓上ホルダが付属しており、卓上ホルダにセットすると、自動でマナーモードが解除される「おうちモード」も備えている。

 初心者をサポートすべく、スマートフォンのトラブル時に解決方法を確認できる「スマホの健康診断」機能を搭載。「インターネットがつながらない」「画面がすぐ消える」「電話が使えない」といった項目を診断してもらえる。

 背面には約1300万画素(シングル)のカメラを搭載しており、カメラを向けるだけで、植物の名前や外国語の翻訳ができる機能も用意した。インカメラは約500万画素。

 IPX5/8の防水、IP6Xの防塵(じん)や赤外線通信に対応するが、おサイフケータイは非対応。インターネットラジオの「radiko」とFMラジオの両方を受信できる「ラジスマ」にも対応している。なお、FMラジオを利用するには、別売りの有線イヤフォンが必要になる。

 本体サイズは約71(幅)×159(高さ)×8.9(奥行き)mm、重量は約151g。プロセッサはMediaTekの「MT6761」、メインメモリは3GB、内蔵ストレージは32GB。外部メモリスロットも備えており、最大512GBのmicroSDXCを利用できる。バッテリー容量は3300mAh。

 BASIO4は、国内通話がかけ放題になる通話オプション「かけ放題(24時間いつでも)」の月額料金(税別1700円)を割り引く「シニア割(60歳以上)」の対象機種となる。

あわせて読みたい

ITmedia Mobileの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。