ドコモ吉澤社長に聞く「5G契約」の現状 年内に安価な5Gスマホ投入へ

ドコモ吉澤社長に聞く「5G契約」の現状 年内に安価な5Gスマホ投入へ
インタビューに応じるNTTドコモの吉澤和弘社長
 ITmedia Mobileでは、NTTドコモの吉澤和弘社長の単独インタビューを実施。5G契約の状況から楽天モバイル、サブブランドへの考え方、モバイル決済関連まで幅広くお話をうかがった。今回は、テーマごとに分けて記事を掲載していく。

●年内にエントリー5Gスマートフォンを発売する

 まず注目したいのが、5G契約の状況だ。ドコモは2020年3月に5Gの商用サービスをスタートさせたが、その直後に新型コロナウイルス感染症によるショップの時短営業や端末物品の納入遅れなどから、4~5月はLTEも含めて端末の売れ行きが伸び悩んだ。一方、緊急事態宣言が解除された6月以降は盛り返しており、対前年比では端末の売れ行きは伸びているという。

 5Gの契約数は4月末時点で4万弱、直近では17万にとどまるが、「だいたい想定通り」と吉澤氏。「5G端末は(AQUOS R5GとGalaxy S20 5Gの)2機種から始まって、順次増えていってルーターも出した。6月中旬に、Xperia 1 IIを出してからグッと増えてきた」と現況を話す。一方で「5Gはフラグシップモデルが高いということもあり、エントリーモデルを2020年後半に出す」と予告する。

 「エリアの拡張もそれなりに付いてくるので、2020年度内に250万(契約)で考えている」と見通しを話す。この「250万」という数字は「iPhoneの5Gも考慮に入れている」と吉澤氏。5G対応のエントリー

あわせて読みたい

ITmedia Mobileの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。