「緊急事態宣言」解除後の携帯電話ショップはどんな様子? 話を聞いてみた

「緊急事態宣言」解除後の携帯電話ショップはどんな様子? 話を聞いてみた
一見すると平常通りの営業体制に戻ったように見えるキャリアショップだが……?(写真はイメージです)
       
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」が完全に解除されてから3カ月がたちました。宣言中に営業を休止した店舗も多くは営業を再開し、元通りとまでは行かないものの、街を歩く人の数も増えました。

 携帯電話販売店も、その点において同様です。キャリアショップでは3月末頃から時短営業や臨時休業といった措置を講じていましたが、6月からはおおむね通常通りの営業体制に戻りました。家電量販店や併売店(複数のキャリアを扱う携帯電話販売店)も、ごく一部を除いて平常通りの営業時間となりました。

 しかし、携帯電話の販売に携わるスタッフに話を聞いてみると、「通常通りに戻ったように見えて、まだまだ厳しい状態が続いている」という声が多数を占めます。

 一体、どういうことなのでしょうか。

●感染拡大を防ぐための措置が「面倒臭さ」を演出?

 緊急事態宣言が出たことに伴い、大手キャリアはキャリアショップの営業時間を原則として16時または17時までに短縮し、ユーザーには来店予約を強力に勧めました。NTTドコモやソフトバンクのように、ショップでの受付業務を制限する動きもありました。

 未知の部分が多い感染症の拡大を抑制する観点において、このような措置は致し方ありません。しかし、ユーザーの立場からすると「ショップで手続きをしたいのに予約がいっぱいで行けなくて困る」「ショップでの受け付けを休止している手続きをしたいのに電話窓口が混雑しすぎていつまでたってもつながらない」といった不便さを強いる措置でもあるわけです。

あわせて読みたい

ITmedia Mobileの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月16日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。