Y!mobileとUQ mobileの「20GBプラン」が担う役割 メインブランドとの差別化が課題か

Y!mobileとUQ mobileの「20GBプラン」が担う役割 メインブランドとの差別化が課題か
KDDIは2021年2月以降、UQ mobileに20GBプランの「スマホプランV」を新設する
       
 10月28日に、KDDIとソフトバンクが、それぞれサブブランドの20GBプランを発表した。KDDIはUQ mobileの「スマホプランV」、ソフトバンクはY!mobileの「シンプル20」で、どちらも容量は20GB。金額は前者が月額3980円(税別、以下同)なのに対し、後者は月額4480円と差が出た。UQ mobileは2021年2月以降に、Y!mobileは12月下旬以降にそれぞれ新プランを導入する予定だ。

 20GBプランは、政府の要請に応えたプランという色合いが強い。菅義偉総理大臣の値下げ発言以降、総務省の内外価格差調査で高止まりが指摘されていた20GBプランが焦点になっていた。各社とも、メインブランドとサブブランドのどちらにも20GBの容量を設定したプランがなかったため、サブブランド向けとして新設した格好だ。諸外国との比較でも割安な金額に抑えられている。

 一方で、メインブランドからの移行が進めば、業績に与える影響は大きい。ここでは、そんな20GBプランの中身や、各社が投入した狙いを解説していきたい。

●既存プランの上に20GBプランを新設したUQ、20GBプランは別建てのY!mobile

 政府の要望に応え、最初に動いたのはUQ mobileとY!mobileだった。KDDIは、UQ mobileの20GBプランであるスマホプランVを発表。ほぼ同時に、ソフトバンクもY!mobileの20GBプランにあたるシンプル20をリリースしている。一見、同じ20GBプランに見えるが、金額やオプションに違いがある。既存のプランとの位置付けも、両社で異なっている。

あわせて読みたい

ITmedia Mobileの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月31日のIT記事

キーワード一覧

  1. ソフトバンク 株価

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。