楽天モバイルのiPhone 12やiPhone SEをお得に利用できるユーザーは?

楽天モバイルのiPhone 12やiPhone SEをお得に利用できるユーザーは?
拡大する(全1枚)
いよいよ楽天モバイルがiPhoneを扱う
 楽天モバイルが4月30日からiPhoneを取り扱う。ラインアップは「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」と「iPhone SE(第2世代)」。

 これまで、iPhoneを取り扱う日本のキャリアはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに限られていたが、そこに楽天モバイルが加わった。楽天モバイルの累計契約申込数は2021年4月で390万を超えた。特に、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表してから申込数が急増し、2021年1月時点の220万から3カ月で170万伸びた。Appleが、こうした楽天モバイルユーザーの伸びを評価した側面も大きそうだ。

 Rakuten UN-LIMIT VIは1GBまでは0円で運用でき、20GB以降はどれだけ使っても月額3278円(税込み、以下同)で使い放題となる。4Gの人口カバー率は2021年夏頃に96%に達する見込み。5Gエリアはまだ局所的だが、2021年3月には5G基地局を全国で1000以上展開し、47都道府県で5Gが利用可能となった。4月には総務省から5G用の1.7GHz帯(東名阪以外)の追加割り当てが決まり、2021年第2四半期にはSA(スタンドアロン)の5Gを導入する予定だ。

 楽天 常務執行役員 兼 CMOの河野奈保氏は、iPhoneの本体価格が4キャリアで最安値であることをアピールする。例えばiPhone 12の64GBは10万1176円で、ドコモの10万1376円、

あわせて読みたい

ITmedia Mobileの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ソフトバンク」に関する記事

「ソフトバンク」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ソフトバンク」の記事

次に読みたい「ソフトバンク」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月22日のIT記事

キーワード一覧

  1. ソフトバンク 株価

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。