前モデルから何が変わった? 写真で解説する「Xperia 1 III」「Xperia 10 III」

ソニーのフラグシップスマートフォンXperia 1 III」が、6月中旬以降にドコモ、auソフトバンクから発売される。同社のデジタル一眼カメラ「α」仕込みのカメラを搭載するという「Xperia 1 II」のコンセプトは維持しつつ、望遠カメラが焦点距離70mmと105mmに切り替え可能になり、4Kディスプレイは120Hz駆動に強化された。

そんなXperia 1 IIIの実機に触れる機会を得たので、外観の特徴を見ていこう。なお、今回触れたのはグローバル版の開発機であり、操作画面を含めたソフトウェアを見ることはできなかった。


ディスプレイサイズはXperia 1 IIの6.5型から変わらないが、Xperia 1 IIIではベゼルの幅がさらに小さくなっており、画面占有率がアップ。具体的には、Xperia 1 IIからベゼルの上部が1mm縮まり、左右は0.5mmずつ縮まっている。さらに、上下と左右でベゼル幅をそろえたことで、シンメトリー(左右対称)なデザインを実現している。ディスプレイ上部にはノッチ(切り欠き)もなく、インメラは上部の黒帯に収められている。

ディスプレイ面には、耐スクラッチ性が向上した「Corning Gorilla Glass Victus」を搭載、背面にはその1世代前の「Corning Gorilla Glass 6」を搭載している。

背面は、光沢感のあるXperia 1 IIとは打って変わり、3色ともフロストガラスを採用。つや消し加工が施されており、指紋が目立ちにくいのが特徴だ。同じパープルを並べて見ても、Xperia 1 IIとXperia 1 IIIではずいぶん印象が異なる。ちなみに、Xperia 1 IIの

あわせて読みたい

ITmedia Mobileの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スマートフォン」に関する記事

「スマートフォン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スマートフォン」の記事

次に読みたい「スマートフォン」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月2日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。