GoPro、HERO7下位モデルにQualcomm製SoC採用

GoPro、HERO7下位モデルにQualcomm製SoC採用
GoPro HERO7 White(左)とSilver(右)
 Qualcommは10月22日、GoPro HERO7 SilverとWhiteに同社のSoC(System on a Chip)が採用されたと発表した。 Qualcomm Vision Intelligence 200がSilverに、Vision Intelligence 100がWhiteに組み込まれている。いずれもQualcomm APQ8053ベースのSoCだ。

 GoProのフラグシップモデルであるGoPro HERO7 BlackにはHERO6 Blackに引き続き、ソシオネクストとの共同開発によるSoC、GP1が使われている。

 GoPro HERO7 Blackはジンバルいらずのビデオ安定化を実現するHyper Smoothやマシンガンショット的映像も撮れるTimeWarpを、HERO6 Blackと同じSoCであるGP1とソフトウェア技術の改良により達成しているが、その一方で発熱による異常停止などの報告が相次いでいる。

※10月24日修正:ソシオネクストより情報が寄せられ、GoPro HERO7 BlackではHERO6 Blackと同じ同社製SoCのGP1が使われていることが確認されたため、記事を修正しました。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。