スタバ、LINEと決済で提携 宅配「Uber Eats」も試験導入

スタバ、LINEと決済で提携 宅配「Uber Eats」も試験導入
 スターバックス コーヒー ジャパンは11月8日、LINEと2019年上半期に決済サービスの分野で提携すると発表した。「スターバックスの店舗とモバイルテクノロジーを融合し、デジタルペイメントを含むイノベーションを市場にもたらす」(同社)という。

 これとは別に、米国などで先行導入しているスマートフォン向け決済サービス「モバイル・オーダー・アンド・ペイメント」を19年中に日本国内でも試験導入する。利用客がスマホから注文し、列に並ぶことなく商品を店舗で受け取れる仕組みを整える。

 また、9日から米Uberが手掛けるフードデリバリーサービス「Uber Eats」も導入する。まず都内3店舗(新宿2店舗、六本木1店舗)でスタートし、今後2年間で対応店舗を増やしていく。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2018年11月8日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。