Apple Watchに心電図追加 ただし米国のみ

Apple Watchに心電図追加 ただし米国のみ
watchOS 5.1.2
 Appleが、iPhoneのiOS 12>Apple Watch>一般>ソフトウェア・アップデート経由で、より多くの機能を追加した「watchOS 5.1.2 アップデート」の配布を開始している。

 アップデートをインストールするには、Apple Watchが以下の条件を満たしている必要がある:

・iPhoneの通信圏内にある

・Apple WatchがWi-Fiに接続されている

・50%以上充電されている

 watchOS 5は、第1世代のApple Watchには対応していない。

 このアップデートには、以下の新機能、改善、およびバグ修正が含まれている。

・Apple Watch Series 4の新しい“心電図”App(米国および米領のみ)。

  単極誘導心電図に似た心電図を記録できる。

  心拍に心房細動(不整脈の危険な症状)の兆候が見られるのか、洞調律(心拍の正常なパターン)であるのかが提示されるようになる。

  心電図の波形、分類、および顕著な症状をiPhoneの“ヘルスケア”AppでPDFに保存して、医師に見せることができる。

・心房細動の疑いのある心拍異常が検出された場合、通知を受け取る機能が追加された(米国および米領のみ)。

・非接触型リーダーに触れたときに、Wallet内にあるサポート対象の映画チケット、クーポン、ポイントカードなどに直接アクセスできる。

・アクティビティの競争中、1日あたりの得点の最大値に達したときに通知とアニメーションによるお祝いが表示される。

・インフォグラフに、メール、マップ、メッセージ、友達を探す、ホーム、News、電話、Remote用の新しいコンプリケーションが追加された。

・“トランシーバー”で会話可能かどうかをコントロールセンターから管理できるようになる。

[MACお宝鑑定団]

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2018年12月7日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。