ドコモとauは障害起きていなかったのに……「ダウンディテクター」が誤解広げた?

ドコモとauは障害起きていなかったのに……「ダウンディテクター」が誤解広げた?
ソフトバンクで障害が出ていた同時刻に、他の多数のサービスでも「障害情報」が上がっていたことが、障害状況グラフから見て取れる。ソフトバンク以外は“誤報”とみられる
 ソフトバンクの携帯電話サービスで12月6日に大規模な通信障害が発生し、日本中のユーザーが影響を受けた。発生当初は、障害情報サービス「ダウンディテクター」を使って状況を確認する人も多かった。

 ダウンディテクターは、通信やWebサービスなどがダウンしたときによく参照される。米シアトルに本社を置くOoklaという企業が提供しており、各サービスの障害がいつ発生し、世界中のどこで起きているかなどを、リアルタイムに確認できる。

 ただ、ダウンディテクターの情報はさまざまなデータを分析した推測に基づいており、サービス提供企業からの正式な情報ではない。情報源の一つはTwitterだ。各サービスのページには、「障害発生報告」として、障害について報告しているツイートを自動抽出して掲載している。

 情報収集の方法について、ダウンディテクターのサイトには、以下のように書かれている。

 「ダウンディテクターは様々な情報源から障害状況レポートを収集します。収集したデータをリアルタイムで分析することにより、私たちのシステムはかなり早い段階で自動的に障害やサービスの中断を探知することが可能です。分析するレポートの情報源のひとつがツイッターです」

 つまり、Twitterに「ソフトバンク携帯で障害が起きている」といった内容が多数投稿されると、ダウンディテクターが「ソフトバンクで障害が発生している」と判断する――といったイメージだ。情報源はTwitter以外にもあるようだが、Twitterの役割は大きいと考えられる。...続きを読む

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2018年12月7日のIT記事
「ドコモとauは障害起きていなかったのに……「ダウンディテクター」が誤解広げた?」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    まるでスマホが使えないと死ぬみたいな感じですね(((笑)))

    5
  • 匿名さん 通報

    自分で確かめもせずに情報に振り回されてしまう代表的な例だね。

    3
  • 匿名さん 通報

    ダウンディテクターが障害者だったのね

    3
  • 匿名さん 通報

    投資事業会社が片手間でやっている携帯電話部門を使っているお前らが悪い(爆)

    3
  • 匿名さん 通報

    ソフトバンクの携帯とauやドコモの携帯との通話ができなければあれも悪いこれも悪いという風になるわな。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。