iPad mini 5「部品の共通化」でコストの削減を狙う?

記事まとめ

  • iPad mini 4の後継モデルとなる「iPad mini 5」について、複数のアクセサリーメーカーが話しているという。
  • Touch ID、Lightningコネクタ、3.5 mm ヘッドフォンジャックなどが継続して採用される可能性がある。
  • iPad mini 5の背面マイク位置は、第6世代のiPadと同じ位置になり、コストを削減する狙いがあるとみられる。

次期iPad miniはどう変わる?

次期iPad miniはどう変わる?
iPad mini 4
 iPad mini 4の後継モデルとなる「iPad mini 5」は、高さ203.2ミリ、幅134.8ミリ、厚さ6.1ミリで、iPad mini 4のデザインを踏襲するようだと複数のアクセサリーメーカーが話している。

 iPhone 7、iPad (6th generation)と同じA10 Fusionチップか、iPad Pro (10.5-inch)、Apple TV 4K (5th generation)と同じA10X Fusionチップを採用し、Touch ID、Lightningコネクタ、3.5 mm ヘッドフォンジャックなども継続されるようだ。

 iPad mini 4の背面マイク位置はiPad Air 2と同じだが、iPad mini 5の背面マイク位置は、iPad (6th generation)と同じ背面上部中央位置に変わり、部品の共通化によってコストを削減する狙いがあるようだ。

 この背面マイク位置の変更(iPad mini 3仕様に戻る)により、iPad mini 4用ケースは、iPad mini 5で使用できないと考えられる。

 iPad (5th generation)とiPad (6th generation) には、A9チップとA10 Fusionチップの違いに加えて、Apple Pencil (1st generation) が使用できるという違いがあるが、iPad mini 5でもApple Pencil (1st generation) が使えるかどうかは分っていない。

 ただ、使えたとしても、Apple Pencil (2nd generation) ではない可能性が高そうだ。

[MACお宝鑑定団]

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年2月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。