「Google Chrome 73」の安定版公開、macOSのダークモードに対応

「Google Chrome 73」の安定版公開、macOSのダークモードに対応
 米Googleは3月12日(現地時間)、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 73」(バージョン73.0.3683.75)をWindows、Mac、Linux向けにリリースした。数日から数週間かけて配信される。

 macOS版でダークモードの設定が可能になった。macOS Mojaveの環境設定でダークモードにしていると、メニューバー部分がダークモードになる。

 また、「Chromeへのログインを許可する」を有効にした場合に、スペルチェック機能やセーフブラウジングを選択できるようになった。

 この他、キーボードのマルチメディアキーを正式にサポートし、ストリーミングサービスなどの操作に利用できるようになった。マルチメディアキーとは、多くのキーボードでファンクションキーに割り当てられている一時停止や先送りなどのキーのことだ。Windows版のChromeで開いたYouTubeで使えることが確認できた。

 セキュリティ関連では、緊急度が2番目に高い「High」6件を含む60件の脆弱性に対処した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年3月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。