FacebookとInstagramの大規模障害、原因はサーバの設定変更

 米Facebookは3月14日(現地時間)、13日午後から続いていた“Facebookファミリー”(Facebook、Instagram、Facebook Messenger、WhatsApp)の接続障害の原因が分かり、復旧したと、公式Twitterアカウントで発表した。

 「昨日、サーバの設定変更の結果、Facebookのアプリやサービスでトラブルが発生した。この問題を解決し、システムは復旧した。ご不便を掛けたことを深くお詫びし、皆様の忍耐に感謝する」としている。

 Facebookがこの問題について最初に認めたのはやはりTwitterで、日本時間の14日午前2時49分。その後、午前4時3分に「これはDDoS攻撃ではない」とツイート。復旧のツイートは15日午前1時24分なので、復旧にほぼ1日かかったことになる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年3月15日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。