ドワンゴ、VTuber事業で苦戦 バーチャルキャストは1億5650万円の最終赤字、リドは解散

ドワンゴ、VTuber事業で苦戦 バーチャルキャストは1億5650万円の最終赤字、リドは解散
バーチャルキャストの公式Webサイト
 ドワンゴとインフィニットループが設立した、バーチャルYouTuberVTuber)コンテンツの配信システムを手掛けるバーチャルキャスト(札幌市)は5月7日、第1期(2018年7月~12月)の決算公告を官報に掲載した。同期の業績は1億5650万円の最終赤字だった。

 バーチャルキャストは18年7月に創業。ドワンゴが持つ「niconico」のユーザー基盤と、インフィニットループの開発力やマーケティング力を組み合わせ、注目度が高まるVTuber分野で人気サービスを生み出す狙いで設立した。

 ユーザーがバーチャルキャラクターになりきって、VR(仮想現実)空間上のスタジオから生放送を無料で配信できるシステム「バーチャルキャスト」などを展開。視聴者が3Dアイテムを購入し、お気に入りの配信者にプレゼントできる投げ銭機能「Vギフト」などを収益源としている。

 ドワンゴの栗田穣崇COO(最高執行責任者)は、18年7月に開いたバーチャルキャストの創業会見で「VRサービスを主軸事業の1つに育てていく」と語っていた。だが、サービスは着実に知名度を上げつつあるものの、創業後すぐの黒字化はならなかった。

●VTuber事業子会社「リド」は解散

 また、ドワンゴやKADOKAWAなど計5社が18年12月に創業したVTuber事業会社で、VTuberの育成やプロデュースを手掛けていたリドは4月15日付で解散。ドワンゴとワタナベエンターテインメントが16年3月に設立し、VTuber「葉邑ゆう」の運営などを担っていたワタナベアマダクションも同日付で解散した。

 一方、ドワンゴは4月22日、 モーションキャプチャーなどを活用したCG映像制作を手掛ける新事業「TUNEDiD」(チューンディッド)の立ち上げを発表。不採算部門の廃止と、成長を見込む部門への投資を加速させている。

  動画サービス「niconico」の有料会員(プレミアム会員)が減少を続ける中、VR事業でも苦戦を強いられているドワンゴ。“選択と集中”を進め、同事業を安定した収益基盤に育てることはできるのだろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年5月7日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「声優」のニュース

次に読みたい関連記事「声優」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。