Google翻訳より高性能? 「日本の自動翻訳がすごい理由」をNICT隅田氏が解説

Google翻訳より高性能? 「日本の自動翻訳がすごい理由」をNICT隅田氏が解説
30年以上自動翻訳を研究してきた隅田英一郎氏
 今年3月、大阪メトロの英語サイトが路線名の「堺筋線」を「Sakai Muscle Line」と誤訳していたことがネットで話題になりました。米Microsoftの自動翻訳ツールによる翻訳をそのまま掲載していたことが原因です。

 「さすが大阪、ボケ方が半端ない」などと友人にからかわれてしまったのですが、この事件には根深い問題が隠れています。

 Google翻訳を使うと、いまでも堺筋線は「Muscular line」で、三両目は「Third eye」と訳されます。精度が高いと評判のGoogle翻訳でも誤訳しているわけですが、何より大阪メトロの件が話題になった後も特に修正されていないことに驚きました。

 外国人観光客がますます増え、2020年の東京オリンピック・パラリンピックも控える中、こうした海外製の自動翻訳ツールを頼るにはやや不安が残ります。

 そんな中、国内で気を吐いているのが自動翻訳エンジンの研究開発などを行う情報通信研究機構(NICT)です。明石家さんまさんが軽快にトークするテレビCMでおなじみのクラウド型音声通訳デバイス「POCKETALK」(ポケトーク)や、Google翻訳より高精度だとネットで話題になった「みらい翻訳」にも、NICTの技術が使われています。

 なぜ総務省管轄の研究機関であるNICTが、GoogleやMicrosoft、Baiduなど巨大IT企業と競うように自動翻訳エンジンを開発しているのでしょうか。30年以上自動翻訳を研究してきた隅田英一郎氏(NICTフェロー、アジア太平洋機械翻訳協会 会長、日本翻訳連盟 理事、工学博士)に伺いました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年6月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。