スマホなど部屋中どこでもワイヤレス充電 東大が実験部屋を公開

スマホなど部屋中どこでもワイヤレス充電 東大が実験部屋を公開
東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻の川原圭博教授
 東京大学は6月17日、室内のどこでもスマートフォンなどのワイヤレス充電ができるシステムを、同大・本郷キャンパスで公開した。壁や床に送電機構を埋め込んだ検証用の部屋を用意。磁界を発生させて室内の空間に電力を送る。スマホの充電や家電IoT機器への給電などに応用できるという。

 スマートフォンやワイヤレスイヤフォンなど、所有するデバイスが増えてくると面倒なのが充電だ。現在のワイヤレス充電は、スマートフォンを充電パッドの上に置く方法が主流だが、同大は部屋中どこにいてもワイヤレス充電が可能になるという3メートル四方の検証用の部屋を研究室内につくった。

 システムを開発したのは、東京大学大学院工学系研究科の川原圭博教授らの研究グループ。マルチモード準静空洞共振器(Multimode Quasistatic Cavity Resonator)と呼ばれる送電機構を考案した。これは、2017年にディズニーの研究施設「DisneyResearchHub」が発表した無線電力伝送技術「QSCR」をベースに開発したものだ。

 QSCRでも部屋全域でのワイヤレス充電を実現できるが、部屋の中央に導体棒を設置する必要があり、充電できるエリアにも偏りがあった。金属板上の電流が複数方向に流れることに着目したMultimode QSCRでは、導体棒の設置が不要に。充電できるエリアの偏りも改善できたという。また、導体棒を併用するとより高効率に電力を送れるとしている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年6月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。