五輪記念の500円硬貨、Twitter投票などでデザイン決定 財務省が初の試み

五輪記念の500円硬貨、Twitter投票などでデザイン決定 財務省が初の試み
 財務省は6月18日、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを記念して発行する500円硬貨のデザイン案3点を発表した。Twitter上などで投票を受け付け、採用するデザインを決定する。貨幣の図柄を一般投票で決めるのは初めて。

 財務省と造幣局が「風神雷神図屏風」「富士山」「国立競技場」をモチーフにした3案を作成した。投票は、財務省の公式Twitterアカウントで6月24日まで、東京都庁などに設ける投票会場と郵便はがきでは7月1日まで受け付ける(はがきは7月1日の消印有効)。

 投票結果は財務省が7月中に発表する。記念硬貨は、最も得票数が多かったデザインを採用し、2020年7月ごろに全国の金融機関で引き換えを始める予定。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年6月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュース

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュース

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。