Facebookの暗号通貨「Libra」のプライバシーについての上院公聴会、7月16日に開催

Facebookの暗号通貨「Libra」のプライバシーについての上院公聴会、7月16日に開催
発表文
 米Facebookが6月18日(現地時間)に発表した暗号通貨「Libra」の計画について、米連邦議会上院銀行住宅都市委員会が19日、データプライバシーなどについての説明を求める公聴会を7月16日に開催すると発表した。

 Facebookの誰を招請するのかはまだ発表されていないが、米Reutersによると、FacebookがLibra専用ウォレットのために立ち上げた子会社「Calibra」の責任者、デビッド・マーカス氏になる見込み。

 Libraについては18日、下院住宅金融委員会のマキシン・ウォーターズ議長(民主党)が懸念を表明し、計画の停止を求めた。

 FacebookはLibraを2020年に提供開始する計画。ステーブルコインとして機能し、ユーザー同士の送受信や対応ショップでの買い物、公共交通機関の乗車などで使えるデジタル通貨になる見込みだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年6月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。