AppleがArmのトップCPU設計者を引き抜き MacのプロセッサArmに移行か

記事まとめ

  • マイク・フィリッポ氏がApple入りしていたことが、同氏のLinkedInページで明らかになった。
  • フィリッポ氏はAMD、IntelでCPU設計に従事した後、Armに入社し、「Cortex」や「Zeus」をリードアーキテクトとして手掛けた。
  • AppleがMacのプロセッサをIntel製からArmベースのオリジナルに移行するとうわさになっている。

Apple、ArmのトップCPU設計者を引き抜き

Apple、ArmのトップCPU設計者を引き抜き
マイク・フィリッポ氏のLinkedInページ
 ソフトバンク傘下の英Armのフェローで“Lead CPU Architect”のマイク・フィリッポ氏が米Apple入りしていたことが、同氏のLinkedInページで明らかになった。米MacRumorsなどが6月26日(現地時間)に報じた。

 フィリッポ氏は米AMD、米IntelでCPU設計に従事した後、2009年にArmに入社し、「Cortex」や「Zeus」(コード名)をリードアーキテクトとして手掛けた。

 AppleのiPhone向けプロセッサ「A」シリーズはArmベースだ。また、同社がMacのプロセッサもIntel製からArmベースのオリジナルに移行すると何度もうわさになっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年6月27日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。