小型版「Switch Lite」は「スイッチしない」 Switchとの違いをチェック

小型版「Switch Lite」は「スイッチしない」 Switchとの違いをチェック
Nintendo Switch Lite
 任天堂が新型ゲーム機「Nintendo Switch Lite」を9月20日に発売する。Nintendo Switchの「携帯モード」に特化し、携帯性を向上させた廉価版モデルだ。Switchとの違いを早速チェックしてみよう。

●小型化・軽量化

 Switch Liteは、Switchのコントローラーと本体を一体化させ、小型化・軽量化して持ち運びやすくした。本体サイズは約91.1(幅)×約208(奥行き)×約13.9(高さ)ミリ、重さが約275グラム。Switchのサイズ(102×239×13.9ミリ)と比べると一回り小さくなり、約123グラム軽くなった。

 画面サイズも縮小。Switchが6.2インチだったのに対し、Switch Liteは5.5インチ(1280×720ピクセル)ディスプレイを搭載する。プレイするゲームソフトにもよるが、バッテリー持続時間はSwitchが約2.5~6.5時間、Switch Liteが約3.0~7.0時間と少し長くなったという。

●「スイッチ」しない

 コンパクトで持ち運びやすくなったSwitch Liteだが、Switchにはあった“大きな機能”を失っている。テレビなど家庭のモニターと接続できないことだ。

 Switchの大きな特徴は、携帯型ゲーム機としても据え置き型ゲーム機としても遊べる点。テレビとHDMIケーブルで接続した「Nintendo Switchドック」にSwitch本体を差し込むと、ゲーム画面がSwitch本体からテレビ画面へ「スイッチ」するのが売りの1つだ。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年7月10日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。