2019年版Retina MacBook Air、True Toneテクノロジー搭載

記事まとめ

  • 「MacBook Air」Retina、13-inch、2019をチェックした。
  • 2018モデルとの違いは、ディスプレイに「True Toneテクノロジー」が搭載されたこと。
  • リチウムポリマーバッテリーは49.9Whに、容量は256GB、512GBに加え、1TBに変更されている。

2019年版Retina MacBook Airの性能を最速チェック

2019年版Retina MacBook Airの性能を最速チェック
MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)
 Appleが発売した、True Toneテクノロジー対応のRetinaディスプレイを採用した「MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)」をチェックした。

 CPUや筐体を含めMacBook Air (Retina, 13-inch, 2018) モデルと同じだが、ディスプレイにTrue Toneテクノロジーが追加されている。

 MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019) の左側側面には、Thunderbolt 3ポートが2つ搭載されている。

 最大40Gb/sのスループット性能を持ち、Thunderbolt 3接続のストレージやeGPUなどを活用できる。

 MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019) の右側側面には、3.5mmヘッドフォンジャックが装備されている。

 Apple T2 Securityチップ、Touch ID、Hey Siriも継続採用。

 MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports) 、MacBook Air (13-inch, 2017) 、MacBook (Retina, 12-inch, 2017) の販売が終了したため、ファンクションキー搭載モデルを選択できるモデルとなっている。

 MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)は、バタフライ構造を採用した最新世代のキーボードが採用されている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年7月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。