ソニー、ペルチェ素子を使った“着られるエアコン”を開発 カメラの熱制御技術を活用

ソニー、ペルチェ素子を使った“着られるエアコン”を開発 カメラの熱制御技術を活用
 ソニーは7月22日、首を暖めたり冷やしたりできるウェアラブルデバイス「REON POCKET」(レオンポケット)を開発し、製品化の支援者を募るクラウドファンディングを始めると発表した。目標金額は6600万円で、目標額に達したら支援者に製品を発送する。

 背中側の首もとにポケットがついた専用インナーウェアにデバイスを装着して使う。首に触れる位置にあるパネルを加熱、冷却することで装着者に暖かさや冷たさを感じさせる。電流を流すと片面が発熱し、もう片面が冷える「ペルチェ素子」を使う仕組み。

 本体のサイズは54(幅)×20(奥行き)×116(高さ)ミリ、重さは85グラム。リチウムイオン充電池を内蔵し、2時間の充電で連続約90分間動く。ただし、低温やけどや体の冷やしすぎ防止のため、30分間使うと自動で停止するようになっている。

 設定温度はスマートフォンの専用アプリ(iOS、Android)から冷却機能、加熱機能それぞれの温度を5段階で調節できる。

 本体に内蔵したセンサーで、歩いている、止まっているといった装着者の動きや、ユーザーの肌表面温度を検知し、自動的に適切な温度に設定する「オートモード」もある。

 本体を入れるポケットがついた専用インナーウェアは東レインターナショナル製を採用した。素材は吸水速乾性の極細繊維ポリエステルで、サイズはS、M、L。カラーバリエーションはホワイトとベージュを用意する。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年7月22日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。