Google Cloudで円周率を31.4兆桁計算 ギネス更新した日本人技術者が振り返る舞台裏

Google Cloudで円周率を31.4兆桁計算 ギネス更新した日本人技術者が振り返る舞台裏
Gooogleの岩尾エマはるかさん
 2019年3月14日(米国時間)の「円周率の日」、米Googleが1人の日本人の偉業を発表し、話題を呼んだ。同社で働く技術者の岩尾エマはるかさんが、クラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)を使って円周率を小数点以下約31兆4000億桁まで計算し、ギネス世界記録に認定されたのだ。

 クラウドを使った計算結果が、円周率計算の分野でギネス記録に認定されるのは史上初で、16年に認定された従来の世界記録(約22兆4000億桁)を約9兆桁も上回っていたため、この記録は日本でも驚きをもって受け止められた。

 ギネス記録更新から約5カ月。岩尾さんはGoogle日本法人がこのほど開いた年次カンファレンス「Google Cloud Next'19 in Tokyo」に登壇し、「クラウドを使えば、誰でも大規模な科学技術計算ができることを証明できました」と語った。

●教科書からコードを丸写しし、円周率を計算していた幼少期

 11歳の時にプログラミングに出会い、「無限に続くスケールに魅了された」として円周率計算にも興味を持った岩尾さん。「今から約20年前には、プログラミングの教科書から円周率を計算できるコードを丸写ししてPCに入力し、円周率を小数点以下約20桁まで計算していました」という。ただ、当時の世界記録は約60億桁で、超えたくても手が届く規模ではなかった。

 その後は計算のスキルを高めるべく筑波大学に進学し、かつて円周率計算の世界記録を保持していた高橋大介氏(現・同大計算科学研究所教授)に師事。Google就職後に配属された部署では、毎年3月14日に円周率の計算をして「円周率の日」を祝うなど、計算尽くしの日々を送ってきた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年8月9日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。