AMラジオが終わるとき

AMラジオが終わるとき
NHK新開ラジオ放送所のAMアンテナ
 総務省の有識者会議にて、ラジオのAM放送を終了し、FM放送への転換を可能にするよう検討が進められている。これは今年3月に、民放連が要望を出したことから検討が始まったもので、容認する方向で決まりそうだ。

 2010年にradikoがサービスを開始して以降、ラジオ放送は徐々にその存在感を高めていったように感じている。それ以前は、ラジオ放送自体がすでにメディアとしての役割を終えたのではないかという論調が強かったものだ。

 考えてみれば、2010年以降は地震、豪雨、台風など大規模な自然災害や、大きな事件事故が相次いだ。報道も速報だけではなく、その背景までを含めてじっくり解説するようなものが求められるようになった。政治、文化をじっくり語るメディアとして、ラジオ放送が少しずつ見直されているところである。

 ただそうは言っても、ラジオ放送運用コストはこれまでと同じようにかかり続ける。放送事業者として免許制度の上、責任を持ってやっているところだろうが、ついにその負担に耐えられなくなってきたというわけだろう。

 個人的にも、AMという放送方式はその役割を終えたんじゃないかと思う。AMラジオが好きだ、という人は、その放送方式が好きなわけではなく、AMラジオ文化が好きということだと思う。それがFM波でも維持されるのであれば、放送方式自体は問題ではないはずだ。

●AM放送の技術的メリット

 AMラジオは、526.5kHzから1606.5kHzという、放送波としては低い周波数帯域を使用する。VHF、UHF帯は単位がMHzなので、1000倍単位で違うわけだ。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年9月4日のIT記事
「AMラジオが終わるとき」の みんなの反応 12
  • 匿名さん 通報

    AM放送では遠くの放送局が聞こえますがFM放送では近くの放送局しか聞こえません。 災害時には近くの放送局が機能しなくなることも考えられますのでAM放送局を残して欲しいですね。

    14
  • 匿名さん 通報

    昨年の胆振東部地震。FMは全然入らなくて、頼りはAMだけだった。FM一本化は危険。

    13
  • 匿名さん 通報

    FMは建物内部で受診する時アンテナがないとダメって分かっているのかな?radiko頼りになると肝心なときにネット回線使えなくなるんですよ()。総務省ってバカばかりだな()

    9
  • 匿名さん 通報

    受信側のコストを考えればAM受信機の方が有利、AMの方が数倍電池が持ちする。つまりエコなのである。

    8
  • 匿名さん 通報

    匿名さん 2019/09/04 12:53は宮根誠司と同じ東京に劣等感を抱いている香具師

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。