Oracleのマーク・ハード共同CEOが病気療養のため休職

Oracleのマーク・ハード共同CEOが病気療養のため休職
マーク・ハード共同CEO
 米Oracleは9月11日(現地時間)、同社の共同CEOであるマーク・ハード氏が健康上の理由で休職すると発表した。休職期間は発表されていない。

 ラリー・エリソン会長は発表文で、「マーク(ハード氏)不在中は、サフラ(カッツ共同CEO)と私が経営チームのサポートを得てOracleを経営していく」と語った。

 カッツ氏は「マークは来週のOpenWorldに参加できないが、彼が休息を必要としていることを理解している」と語った。

 ハード氏は全社宛メールで、「第1四半期を無事終わらせるためにみなさんと懸命に働いてきたが、自分の健康に集中する必要があると判断した」と語った。

 ハード氏は2010年、セクハラ問題で米HPのCEO兼会長を辞任し、同年Oracleに社長として迎えられた。2014年にエリソン氏がCEOを退任し、会長に就任した際、カッツ氏と共にCEOに就任した。

 Oracleは同日、翌日発表する予定だった第1四半期(6~8月)の決算を1日繰り上げて発表した。売上高は前年同期とほぼ同じ92億1800万ドル、純利益は6%減の21億3700万ドル(1株当たり81セント)だった。売上高はアナリスト予測の92億9000万ドルに届かず、1株当たり純利益は予測と一致した。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年9月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。