ゲームやアニメの「進化」が現実に タカラトミーのペット玩具「リズモ」発売

ゲームやアニメの「進化」が現実に タカラトミーのペット玩具「リズモ」発売
リズモと開発者の多田翔平さん
 タカラトミーは9月12日、アニメやゲームの世界で見る「進化」を実現したペット玩具「Rizmo」(リズモ)を発表した。形態変化を伴う2段階進化が特長で、とくに2度目の進化は見ている人の意表を突く動きを実現した。9月14日に7980円(税別)で発売する。

 リズモは、「はるか銀河の彼方からやってきた、歌やダンスが大好きな、音を栄養にして進化する不思議な生きもの。地球への旅の途中で眠ってしまった」という設定。最初はふわふわの毛玉のような外観で、転がすとメロディが流れ、振ると楽器の音が出るなど5種類の音の遊びが楽しめる。しばらくするとリズモに進化の予兆が……キラリーンという音とともに目が点滅している時、声や音で応援すると進化が始まる。

 1度目の進化はぴょこんとしっぽが生えるだけだが、2度目は劇的だ。毛玉のようだったリズモが突然起き上がり、それまでお腹だと思っていた部分から新しい顔が現れる。大きな耳と目が開き、口には2本のキバ。タカラトミーがリズモを「サプライズトイ」と呼ぶ理由だ。

 どのようなギミックになっているのか。リズモを開発したタカラトミーの多田翔平さん(ニュープロダクト企画開発室 ニュープロダクト企画課 係長)によると、「リズモはメカに着ぐるみを被せ、ロックしているような状態」という。進化の際にロックが外れ、元の姿が解放されるイメージだ。そのため、1度進化すると毛玉には戻れない。

 リズモは3つのモーターを内蔵し、頭と口、背中、そして足をそれぞれ動かす。マイクや加速度センサーを使い、「声を録音して真似したり(オウム返し)、加速度センサーで揺れを検知して音を出したり、いくつもの遊び方があります」(多田さん)。リズモが子供の時は5種類、「完全体」になるとリズムゲームなどが追加されて7種類となる。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年9月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。