ソニーが「ものいう株主」の提案を拒否、半導体事業を分社化しない理由

ソニーが「ものいう株主」の提案を拒否、半導体事業を分社化しない理由
ソニーの吉田憲一郎社長(5月の経営方針説明会で撮影)
 ソニーは、「ものいう株主」として知られる米国の投資ファンド、Third Point(サードポイント)が求めていた半導体事業のスピンオフを拒否した。9月17日には吉田憲一郎社長の名前で株主に向けてレターを発信。「半導体事業はソニーの成長をけん引する重要な事業の1つ。長期的な企業価値向上に資する」とし、取締役会が全会一致で提案を拒否したと伝えた。

 半導体というとメモリやLSIを連想しがちだが、ソニーの場合は売上の約85%をイメージセンサーが占める。このため、7月30日に発表した2019年第1四半期決算では、それまで「半導体分野」としていたセグメント名称を「イメージング&センシング・ソリューション分野」に改めた。

 ソニーのイメージセンサーは、1970年に着手したCCD開発に始まり、デジタルカメラスマートフォンの普及で事業を拡大、スマホ向けを中心に世界1位の市場シェアを誇る(2018年、英IHS調べ)。近年はクルマの運転支援システムやIoT機器にも用途を広げ、例えば18年度にクルマの予防安全性能評価プログラム「JNCAP」で最高ランクの「ASV+++(トリプルプラス)賞」を受賞したトヨタ自動車の3車種(アルファード/ヴェルファイア、クラウン、カローラ スポーツ)は、全てソニーのCMOSセンサーを採用しているという。

 9月18日に開催されたソニーのプライベート展示会「Sony Technology Day」では、その技術力の一端を見ることができた。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年9月21日のIT記事
「ソニーが「ものいう株主」の提案を拒否、半導体事業を分社化しない理由」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    クソゲーオブザイヤーのクオリティの低さはファミコン以下。ただの欠陥商品。リコールしたーい。

    1
  • 匿名さん 通報

    ソニーもパナソニックも赤字の額が凄い。経営陣が無能なんだろ。

    0
  • 匿名さん 通報

    自動車会社を見ればわかるが、優秀なのは末端の工員だけで、上に行くほど馬鹿になる。第二次大戦の時の軍部みたいなもんかな。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら