トヨタ、多目的EV「e-Palette」実戦投入へ 東京五輪の選手村を巡回

トヨタ、多目的EV「e-Palette」実戦投入へ 東京五輪の選手村を巡回
 トヨタ自動車は10月9日、自動運転技術を活用した、多目的EV(電気自動車)「e-Palette」を、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックで実用化すると発表した。選手村内を十数台が巡回し、選手や大会関係者を運ぶ。18年1月の「CES」ではコンセプトモデルにすぎなかった、トヨタのMaaS(Mobility as a Service)戦略を象徴するクルマを実戦投入する。

 e-Palette(東京2020仕様)は、前後対称の箱型デザインや小型タイヤを採用することで、室内空間を広くする。カメラやLiDAR(LIght Detection And Ranging)などのセンサーを搭載し、高精度3Dマップと組み合わせ、低速自動運転を実現。周囲360度の障害物を常に検知し、周囲の状況に応じて最適な速度で運行するという。

 システム異常時には、車両に同乗するオペレーターが安全に車両を停止できるブレーキを備える。自動運転時に周囲の歩行者とコミュニケーションができるよう、アイコンタクトのように車両の状況を知らせるフロント・リアのランプも取り入れる。

 外寸サイズは、5255(全長)×2065(全幅)×2760(全高)ミリ、ホイールベースは4000ミリ。定員はオペレーター1人を含む20人(車いすの場合は4人と、立ち乗り7人まで)。航続距離は150キロ程度、最高速は時速19キロ。

 同車両は、第46回東京モーターショー2019(10月24日~11月4日、東京ビッグサイト)で展示する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ITmedia NEWSの記事をもっと見る 2019年10月9日のIT記事
「トヨタ、多目的EV「e-Palette」実戦投入へ 東京五輪の選手村を巡回」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    実戦投入するほどの完成度ならばなぜオペレーターの同乗が必要なのですか、トヨタさん。

    1
  • 匿名さん 通報

    ↓まあまあそう言うなって。クズトヨタでもやってるふりしなきゃいけないんだからさ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら