AI・IoTで日本のものづくりを革新――オムロンが品川にFA技術の新拠点 関東・アジア圏を開拓へ

AI・IoTで日本のものづくりを革新――オムロンが品川にFA技術の新拠点 関東・アジア圏を開拓へ
人とロボットが同じ生産ラインで部品をピックアップしているところ。ロボットは指示通りにピックアップするが、人間にはARグラスを通じて指示を出している
 オムロンは1月22日、製造メーカー向けにAI・IoTなどの先端技術を展示する施設「オートメーションセンタ TOKYO」(ATC-TOKYO)を、東京・品川に開設した。工場の生産現場の自動化などを支援する施設。施設面積は1114平方メートルで、同社が世界で展開するATCの中では最大規模を誇る。同社はATC-TOKYOを旗艦施設と位置付け、これまでアプローチできていなかった関東圏やアジア圏の顧客獲得を狙う。

●AIやIoTの活用でモノづくりの課題を解決

 コンシューマー向けのヘルスケア関連機器などで知られるオムロンだが、実は工場などの生産現場に用いられる制御機器が売上の約半分を占めるなど、ファクトリーオートメーション(FA)関連事業が収益の柱になっている。それを支えているのが、同社が世界36カ所に展開しているATCだ。ATCでは、生産現場の自動化を支援する技術の紹介や、顧客への技術トレーニングの実施、実証実験のサポートなどを行い、顧客獲得に貢献してきた。ATC-TOKYOは、その37番目の拠点となる。

 22日の記者会見で、オムロン執行役員の宮永裕副社長(インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー社長)は「生産の現場では現在、高度なモノづくりや多品種少量生産へのニーズが高まるなど高度化・複雑化が進んでいる」とし、「日本では少子高齢化による人手不足が大きな課題となっており、その解決のためにはAIやIoT、ロボティクスなどの先端技術を活用した変革が求められている」と語った。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月23日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。