「通勤という概念なくす」 富士通がオフィス半減、テレワーク全面導入へ その働き方の全容とは?

「通勤という概念なくす」 富士通がオフィス半減、テレワーク全面導入へ その働き方の全容とは?
富士通の平松浩樹執行役員常務(総務・人事本部長)
 富士通は7月6日、2022年度末までにオフィスの規模を半減すると発表した。今後は約8万人の国内グループ社員を対象に、在宅勤務を標準とした働き方に移行する。20年7月をめどにコアタイムのないフレックス勤務制度を導入する他、通勤定期券を廃止し、代わりに月額5000円の手当を支給する。「通勤という概念をなくす」「社員が生活と仕事の時間配分を自ら考えられるようにする」と、富士通の平松浩樹執行役員常務(総務・人事本部長)は話す。

 富士通は新型コロナウイルス感染拡大を踏まえてテレワークを推進し、現在はオフィスへの出勤率を従来の約25%に抑えている。だが、「生活様式や価値観が大きく変わったため、勤務制度、手当、福利厚生、IT環境を全面的に見直し、仕事内容や目的、ライフスタイルに応じた最適な働き方を取り入れる必要がある」(平松常務)と判断して働き方の刷新を決めた。

●廃止せず残すオフィスは3種類

 廃止せず残すオフィスは2種類に分ける他、外部のシェアオフィスの契約数を拡大し、それぞれに異なる環境を用意。業務上の都合で出勤が必要な場合や、勤務環境を変えてリフレッシュしたい場合などに、社員が目的に応じて使い分けられるようにする。

 既存のオフィスは、主要拠点であり社内外の交流の場として使える「Hub Office」、高性能なビデオ会議システムを備え、ミーティングの拠点として使える「Satellite Office」の2種類に再整備する。
ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「通勤という概念なくす」 富士通がオフィス半減、テレワーク全面導入へ その働き方の全容とは?」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    工場勤務の奴らはどう思ってるんだろう。

    2
  • 匿名さん 通報

    労働者の間でもますます格差が広がる。 ホワイトカラーとブルーカラーの格差は今までもあったが、 これからは同じカラー同士で働き方の格差が生まれる。

    1
  • 鉄道会社減収予想になるので 通報

    「他社も続々」となれば「赤字」ローカル線がど~なってしまうんですかね~ 

    0
  • 匿名さん 通報

    地方活性化・通勤混雑解消・一極集中回避・リスク分散、テレワークもコロナの後押しでやっと始まったという感じ。ただ管理も厳しくなりそう。自宅での不自由な生活もつらいな。

    0
  • 匿名さん 通報

    休憩も食事も休日も全て自宅だと精神的につらいかも。同僚とのコミュニケーションも監視されちゃうのかな。

    0
この記事にコメントする

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月6日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。