LINEが備忘録やメモ帳として利用できる「Keepメモ」機能追加

記事まとめ

  • LINEが「Keepメモ」機能を追加。
  • ユーザーが自分専用のトークルームを使ってテキストや画像などを保存できる。
  • メモ帳や備忘録としての利用を見込む。

LINE、自分へのメッセージを保存する「Keepメモ」 備忘録やメモ帳に

LINE、自分へのメッセージを保存する「Keepメモ」 備忘録やメモ帳に
「Keepメモ」は自分専用のトークルームとして表示される
 LINEは7月8日、メッセージアプリ「LINE」で、ユーザーが自分専用のトークルームを使ってテキストや画像などを保存できる「Keepメモ」機能を追加した。送った内容はLINE内のクラウドストレージにも保存される。メモ帳や備忘録としての利用を見込む。

 テキストや画像、動画に加え、ボイスメモなどの音声データやPDFファイルも保存できる。送信内容はLINEのクラウドストレージにも1週間保存される。

 一時保存したデータを、Keepのメニューから「端末に保存」「ピン留め」「コレクションに追加」すれば、期間制限なく保存することもできる。対応バージョンはiOS/Android版が10.11.0以上、PC版が6.1.0以上。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月8日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。