アスクル、20年5月期は営業利益95%増 「LOHACO」の収益性が改善

アスクル、20年5月期は営業利益95%増 「LOHACO」の収益性が改善
アスクルの2020年5月期の通期連結決算
 アスクルが7月10日に発表した2020年5月期通期(19年5月~20年5月)の連結業績は、売上高が前期比3.3%増の4003億7600万円、営業利益が同95.1%増の88億2100万円、最終利益が56億5200万円の黒字(前期は4億3400万円の赤字)と増収増益だった。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で第4四半期の売上高は落ち込んだものの、顧客数が増えるなど、第3四半期まで堅調に推移したことから通期業績は伸長した。一般消費者向けECサイト「LOHACO」の収益性の改善も好決算に寄与した。

●EC事業が大幅増益

 セグメント別の業績は、eコマース事業の売上高が3924億600万円(前期比3.0%増)、営業利益が91億8800万円(同82.8%増)と大幅な増益だった。

 同事業のBtoC領域では、通販サイト「LOHACO」を、親会社ヤフーのECサイト「PayPayモール」に出店したことなどで収益性を改善した。LOHACOで飲料を買う際、商品が段ボール1箱に収まるよう工夫した顧客の配送手数料を無料にする施策も行い、配送コストも削減。LOHACO事業単体の赤字幅を縮小した。

 BtoB領域では、SEO対策やインターネット広告を強化したことが奏功し、検索エンジン経由で同社のECサイトを訪問する新規顧客が増えたため増収につながった。

 ロジスティクス事業の業績は、売上高が71億9700万円(前期比29.5%増)、営業損益が4億円の赤字(前期は5億1700万円の赤字)。9月以降に稼働予定の新たな物流拠点「ASKUL三芳センター」(埼玉県入間郡)の建設コストを計上した影響などで赤字となった。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月10日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。