東京ドーム、AIを使った検温をスタート 出入り口などに計76台

東京ドーム、AIを使った検温をスタート 出入り口などに計76台
東京ドームの出入り口でSenseThunder-Eを使用する様子
 東京ドームは7月13日、ソフトバンクなどが提供するAI検温システムを合計76台導入したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、東京ドームの主要出入り口に加え、東京ドームシティ内の各種施設(東京ドームホテル、本社ビルなど)に設置した。

 導入したAI検温システムは、ソフトバンク子会社の日本コンピュータビジョンが開発した「SenseThunder-E」50台と、AIベンチャーのiFLY ソリューションズジャパン(東京都品川区)が開発した「Face Plus AI サーマル検知端末」26台。このほか、リコージャパンが販売するサーモグラフィーカメラ「FLIR E75」も7台導入した。

 SenseThunder-Eは、AIによる顔認識技術で人の額の位置を特定したあと、サーモグラフィーカメラで額の表面温度を測定し、室温や額の温度を基に体温を推定する仕組み。来場者の個人情報や画像データは一切取得しないという。

 Face Plus AI サーマル検知端末も同じく、AI顔認識技術とサーモグラフィ技術を活用。いずれの製品も測定にかかる時間は0.5秒で、推定精度は誤差0.3度程度。中でもSenseThunder-Eは独自のアルゴリズムにより、客がマスクや眼鏡を着用したままでも体温を測定できるとしている。

 プロ野球では7月10日から観客を入れた試合を再開している。東京ドームは「お客様と感動を共有するために、安全を第一に考え行動して参ります」としている。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「東京ドーム、AIを使った検温をスタート 出入り口などに計76台」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    対策としては、ほぼ意味なさそう。客の手前、安心感を煽る程度。

    0
この記事にコメントする

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月13日のIT記事

キーワード一覧

  1. ソフトバンク 株価

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。