Apple、ベイエリアの住宅費高騰対策に4億ドル提供 ホームレス向け住宅建設も

Apple、ベイエリアの住宅費高騰対策に4億ドル提供 ホームレス向け住宅建設も
シリコンバレーのサンタクララに建設される、ホームレスのための集合住宅
 米Appleは7月13日(現地時間)、2020年にカリフォルニア州の住宅問題対策に4億ドルを投じると発表した。

 Appleは2019年11月に、総額25億ドルの包括的基金を設立し、複数年にわたってカリフォルニア州の住宅危機対策に提供すると発表していた。その初年度となる今年は、ベイエリア、シリコンバレーに低価格の住宅を建設し、ホームレスなど住宅難に直面している人々の手助けをするための活動をHousing Trust Silicon Valley、California Housing Finance Agency (CalHFA) 、Destination: Homeといった地元企業・団体と協力して行う計画だ。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月14日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。