「Microsoft 365」の約5時間の障害原因は「コードの問題」

記事まとめ

  • 「Microsoft 365」大規模障害について。
  • コードの問題でインフラの一部で認証要求の処理が遅れたと説明。
  • 同問題は約5時間、ユーザーに影響を及ぼした。

「Microsoft 365」の約5時間の障害の原因は「コードの問題」

「Microsoft 365」の約5時間の障害の原因は「コードの問題」
Microsoftは日本時間の29日午後1時、問題は解消したとツイートした
       
 米Microsoftは9月29日(現地時間)、前日に発生した「Microsoft 365」の大規模障害について、影響を受けた企業の管理者宛メールで説明したと米CRNが報じた。

 Microsoftは「コードの問題でインフラの一部で認証要求の処理が遅れ、複数のMicrosoft 365サービスにアクセスできなくなった」と説明した。

 同社は現在、原因究明のためにコードをレビューしており、5営業日以内にインシデントレポートを出すとしている。

 この問題は、米東部時間の28日午後5時25分~午後10時25分の約5時間、ユーザーに影響を及ぼしたという。

 これとは別に、Azureでも28日午後5時25分~午後8時23分の間、認証操作中にエラーが発生したという。こちらの原因は「最近加えた構成変更がバックエンドに影響し、認証要求の遅延を引き起こした」としている。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月30日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。