ケンタッキー 一部店舗に商品お渡しロッカーを試験導入

記事まとめ

  • ケンタッキーフライドチキンがピックアップロッカーを試験導入。
  • 客が店員と接触せずに受け取れるようにする。
  • ネットで注文を受け、客が指定した時間までに調理し、保管する。

ケンタッキー、一部店舗に“商品お渡しロッカー” ネット注文商品を非接触で提供

ケンタッキー、一部店舗に“商品お渡しロッカー” ネット注文商品を非接触で提供
       
 日本ケンタッキー・フライド・チキンは10月13日、ケンタッキーフライドチキン(KFC)の一部店舗に、商品を一時的に保管する「ピックアップロッカー」を試験導入したと発表した。ネットで事前に注文を受けた商品などを入れておき、客が店員と接触せずに受け取れるようにする。

 店員は、客が指定した時間までに調理を済ませた後、商品をロッカーに入れて保管できる。客は、事前に発行された注文番号を操作パネルに入力すると扉が開き、商品を受け取れる。

 設置店舗は東京都の新宿西口店、中野店、埼玉県の南浦和店、神奈川県の溝ノ口店の4店舗。終了時期は未定。

 KFCでは2015年から、客がスマホアプリ(iOS/Android)やWebサイトからメニューを選び、事前に注文と決済ができるサービスを提供しているが、これまでは店員が手渡していた。ロッカーを設けることで、さらなる顧客満足度の向上と店員の生産性向上が見込めるという。

 配達代行サービスの対象商品をロッカーに入れ、店員と配達員の接触を避ける形で商品を提供することも可能。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ケンタッキー、一部店舗に“商品お渡しロッカー” ネット注文商品を非接触で提供」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    KFCで7年間真面目に働き、ただ一度の昇給もなくある日突然解雇されたあいつは、今頃どうしているかなあ。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月13日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。