メルカリの1Q、最終黒字42億円 メルペイと米国事業への投資を抑制

メルカリの1Q、最終黒字42億円 メルペイと米国事業への投資を抑制
メルカリの2021年6月期第1四半期(20年7~9月)の連結決算
       
 メルカリが10月30日に発表した2021年6月期第1四半期(20年7~9月)の連結決算は、売上高が221億5600万円(前年同期比52.3%増)、営業損益が3億6400万円の黒字(前年同期は70億1000万円の赤字)、最終損益が42億8100万円の黒字(同71億1300万円の赤字)と増収増益だった。

 国内メルカリ事業が堅調に推移したことや、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、米国メルカリ事業やモバイル決済サービス「メルペイ」への投資を抑えたことが黒字転換につながった。ただし、今後は「投資の再加速によって赤字になる可能性がある」としている。

●国内メルカリ事業は堅調も、前四半期からの成長は鈍化

 国内メルカリ事業の売上高は159億円(前年同期比33.0%増)、営業利益は46億円(同2.2倍)。MAU(月間アクティブユーザー数)は1755万人(同21.0%増)、GMV(流通総額)は1706億円(同34.0%増)に拡大した。

 ただし、前期の第4四半期(MAUは1745万人、GMVは1804億円)からMAUは微増にとどまり、GMVは減少した。その理由についてメルカリは「新型コロナウイルスの影響(による巣ごもり需要)が落ち着きを見せたため」などと説明している。

 今後は、NTTドコモの「dアカウント」と「メルカリID」の共通化による、ユーザーへの「dポイント」付与に引き続き注力。初心者に使い方を教える「メルカリ教室」もオンラインで積極的に行い、ユーザー増を目指すという。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「メルカリの1Q、最終黒字42億円 メルペイと米国事業への投資を抑制」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    春の自粛期間中はよく売れました。

    0
この記事にコメントする

「メルカリ + 株価」のおすすめ記事

「メルカリ + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月30日のIT記事

キーワード一覧

  1. メルカリ 株価

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。