Microsoft 非クラウドの「Office 2021」を今秋発売へ

記事まとめ

  • Microsoftはオフラインで利用できるオフィススイートを発表。
  • Office2021はコンシューマー向け、LTSCはエンタープライズ向け。
  • クラウドに移行できない移行できない顧客に理解を示している。

Microsoft、非クラウドの「Office 2021」を今秋発売へ

Microsoft、非クラウドの「Office 2021」を今秋発売へ
Office 2021の価格はOffice 2019と同じになる見込み
       
 米Microsoftは2月18日(現地時間)、オフラインで利用できるコンシューマー向けの「Office 2021」とエンタープライズ向け「Office LTSC」を発表した。

 Office 2021はWindowsとmacOS向けに今年後半に発売の予定だ。サブスクリプションではなく、1度購入すれば5年間のサポートが保証されるネット接続不要の従来型のオフィススイートだ。価格は「変更する予定はない」としているので、「Office 2019」と同じになるのだろう。Office 2019の「Office Personal」は3万2784円、「Office Home & Business」は3万8284円だ。

 新機能などについてはまだ発表はない。Q&Aによると、Office 2021にはOneNoteが含まれ、32bitと64bitの両方をサポートする。

 エンタープライズ向けのOffice LTSCは4月にプレビューの提供を開始し、今年後半に正式版をリリースする計画。サポート期間は7年ではなく5年になる。各アプリの価格は最大10%上がるとしている。

 Microsoftは企業および個人顧客に対しクラウドへの移行を推奨しているが、「クラウドに移行できないと感じる顧客がいることも理解している」という。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「Microsoft、非クラウドの「Office 2021」を今秋発売へ」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    操作画面は質素にやれることは多機能にってのが開発者の設計の見せ所だと思うけどな?

    0
  • 匿名さん 通報

    まだ2010使ってる

    0
  • 匿名さん 通報

    クラウドVer.を仕方なく使ってるけどクソ過ぎる。立ち上がるまで時間かかり過ぎだ。なんの知らせもなく仕様変更するし、OSに関してああだこうだとかクソ以下。バグ修正もしない。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「マイクロソフト」に関する記事

「マイクロソフト」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マイクロソフト」の記事

次に読みたい「マイクロソフト」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月19日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。