GoogleがOracleとの10年越しの裁判で勝訴 最高裁はJava著作権侵害せずの判断

 米GoogleAndroidでJavaの著作権を侵害しているとして米Oracleが2010年8月に提訴した裁判で、米連邦最高裁判所は4月5日(現地時間)、Googleは著作権を侵害しなかったとの判断を下した。

 最高裁は6対2の評決で、2018年3月に連邦巡回控訴裁判所が下したJava APIの著作権を認める判断を退けた。

 この裁判はGoogleによるAndroidでのJavaの使用が「フェアユース」に当たるかどうかが論点だった。最高裁の文書には「GoogleによるJava SE APIのコピーには、プログラマーが才能を伸ばして革新的なプログラムで作業できるようにするために必要なコードのみが含まれており、法律的にフェアユースに当たる」と書かれている。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Google」に関する記事

「Google」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Google」の記事

次に読みたい「Google」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月6日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。