プロジェクト管理ツール「Trello」で運転免許証など個人情報流出 閲覧範囲の設定ミスが原因か

プロジェクト管理ツール「Trello」で運転免許証など個人情報流出 閲覧範囲の設定ミスが原因か
拡大する(全1枚)
ある店舗の管理ページ
 プロジェクト管理ツール「Trello」経由で個人情報が流出している――4月5日深夜から6日の朝にかけて、こうした投稿がネット上で注目を集めている。閲覧設定を「公開」としていたことが原因とみられる。Twitterのトレンドにも「Trello」がランクインした他、「公開設定のまま利用」など関連キーワードもランクインした。

 記者が検索したところ、ある店舗が利用しているTrelloのページでは採用希望者の住所氏名など個人情報が掲載されていた他、従業員の運転免許証やパスポートなど身分証明書の画像も閲覧できた。

 ネット上では、他にも企業の内部情報や学生の個人情報、個人が利用するサービスのIDとパスワードなどが閲覧できるという指摘も上がっている。

 政府の意見募集サイト「デジタル改革アイデアボックス」に寄せられた意見をTwitterに自動投稿するサービスの開発などで知られる矢野さとるさんも「現在、個人情報、社外秘資料ダダ漏れで匿名掲示板を中心に祭り発生中。各自、要確認」と注意を呼び掛けている。

 Trelloは豪Atlassianが運営するプロジェクト管理ツール。付せんのようなユーザーインタフェースで簡単にToDoやプロジェクトの進行状況を管理できるのが特徴。米Fog Creek Softwareが2011年に立ち上げ、14年に企業としてスピンアウト。Atlassianが17年2月に買収した。

 Atlassianはヘルプページで「公開したボードはインターネット上の誰にでも表示され、Googleなどの検索エンジンに表示される。リンクを知っているすべての人が、Trelloアカウントを持っているかどうかにかかわらず、ボードを表示できる」と記載している。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月6日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。