Microsoftが音声技術のNuance買収を検討中か──Bloomberg報道

Microsoftが音声技術のNuance買収を検討中か──Bloomberg報道
拡大する(全1枚)
 米Microsoftが、米AppleSiriにも技術を提供したことで知られる音声技術の米Nuance Communicationsの買収を交渉中であると、米Bloombergが4月11日(現地時間)、この件に詳しい情報筋の話として報じた。

 交渉が成立すれば、買収総額は160億ドル(約1兆7550億円)に上り、MicrosoftにとってLinkedInの262億ドルでの買収に次ぐ大規模買収になる見込みだ。

 Nuance Communicationsは1992年創業のマサチューセッツ州バーリントンに拠点を置く上場企業。モバイル端末や車載システム向けの音声認識技術「Dragon」シリーズ、OCR技術、モバイル向け入力システム「Swype」などで知られる。2018年にSwypeの提供を終了し、医療機関向け音声入力サービス「Dragon Medical One」の開発にシフトした。Microsoftとは2019年からこのDragon Medical Oneの技術で協力している。

 Bloombergは3月には、MicrosoftがDiscordを買収しようとしているとも報じた。

 Microsoftは2014年、「Windows Phone 8.1」の音声アシスタントとして「Cortana」を発表し、その後「Windows 10」にも搭載したが、2020年に「フェードアウトする」と発表。今後は「Microsoft 365」のためのAIベースデジタルアシスタント体験として再定義すると説明した。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マイクロソフト」に関する記事

「マイクロソフト」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マイクロソフト」の記事

次に読みたい「マイクロソフト」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月12日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。