生産地も分かる“ニコンのデジタル一眼史” 

 先日、ニコンが一眼レフの国内生産を止める、と読売新聞が報じた。

 これ、2020年秋に公表されていたことで当時記事にもなっていたので、「え、なんでまた記事に」感があるのだが、今回のニュースが流れるとSNSなどでは「ニコンが一眼レフ生産止めるのか」って早とちりした人とか「日本製じゃないなら買わない」って言い出す人までいた。

 そもそもニコンのデジタル一眼がどこで作られてるか、製品を見ると書いてあるけど見なくてもニコンが公表してる。

 すでに、D1桁シリーズのフラッグシップモデル以外はタイで生産してるのだ。このリストで現行モデルは「D6」だけなので、ほぼタイ工場で生産してると思っていい。

 ミラーレス一眼のZは当初は日本での生産だったが今はタイ工場での生産だ。

 この機会にニコンのカメラの歴史と生産地を振り返ってみたい。

●D1が出たときは衝撃だった

 ニコンが最初にデジタル一眼レフを出したのは1995年。富士フイルムとの共同開発で、ニコンは「E2」、富士フイルムは「FUJIX DS-505」。1998年までに数機種発売されたその特徴は「縮小光学系」を採用したことだった。

 センサーサイズはなんと3分の2インチと当時のハイエンドコンパクトデジカメのサイズ。ただ、センサーサイズが小さくても50mmのレンズを付けたら50mmの画角で撮れるようレンズ群を持っていた(だから分厚かった)。

 つまり、画質面ではコンパクトデジカメと大差なかったわけで、当時、DS-505Aを少し使わせてもらったが、ニコンのFマウントレンズが使える意外にメリットは感じないなあというレベルなのだった。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月14日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。