LINE社員の“サクラ”投稿は「事実」 オープンチャットの一部を会社主導で運営 方針見直しへ

LINE社員の“サクラ”投稿は「事実」 オープンチャットの一部を会社主導で運営 方針見直しへ
拡大する(全1枚)
LINEの「OpenChat」
 LINEのグループ会社「LINE Fukuoka」の社員が運営業務の一環として「OpenChat」(オープンチャット)に別人格で“サクラ”投稿をしていたと、週刊文春が4月22日に報じた。LINEは事実関係について認め、運用方針を見直すとしている。

 オープンチャットは、共通の趣味を持つユーザーなどが集まり、最大5000人のグループを作成できる機能。誰でも匿名で参加できるのが特徴で、約10万件のトークルームが存在する。メッセージアプリ「LINE」のグループトーク機能を拡張する形で2019年8月に開始した。

 週刊文春の記事によると、LINE Fukuokaの30代半ばの男性社員がLINE本社からの指示で、オープンチャットに女子高生や不登校の生徒を装いサクラ投稿をしていたという。

 報道内容の真偽についてLINEに問い合わせたところ、同社は事実を認めた。管理業務の一環でこれまでに約300のトークルームの運営に社員が関与し、現在も社員が運営するトークルームが54あるという。

 業務マニュアルにも「サクラ投稿」という文言を盛り込んでいた。週刊文春からの指摘を踏まえ、4月12日にマニュアルの文言を変更済みだという。マニュアルの内容については「詳細は開示できない」とした。週刊文春は「会話が盛り上がっていなかったら話題提供、脱線しすぎていたら軌道修正」「状況を見ながらサクラ投稿」などの内容を紹介していた。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月23日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。