Twitter、返信に「反対票」(dislikeではない)をつけるテストを開始

Twitter、返信に「反対票」(dislikeではない)をつけるテストを開始
拡大する(全1枚)
テスト中の3種類のデザイン
 米Twitterは7月21日(現地時間)、Twitterの返信に「up vote(賛成)」か「down vote(反対)」をつけられるボタンのテストを一部のiOSアプリユーザーを対象に開始したと発表した。

 down voteは「like(いいね)」の反対の「dislike(よくないね)」ではないと説明している。

 テスト段階では、反対票はそれをつけた本人からしか見えず、反対票の数が返信の表示順に影響することはない。賛成票は現行の「いいね」として表示される。

 表示デザインも複数テストしている。現行のいいね(ハートのアイコン)をなくして上下向きの矢印(↑↓)にするもの、いいねは残してその隣に[↓]を追加するもの、Facebookの「いいね」のようなサムアップ(親指を上に向けたアイコン)とサムダウン(親指を下に向けたアイコン)に置き換えるものの3種類だ。

 Twitterはさまざまな機能を公開前にフィードバックを得る目的でテストする。テストした機能がすべて正式版になるわけではないが、不快な返信を非表示にする機能など、テスト後に採用されるものも多い。

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク