Instagramは多くの若者にとって有害との内部調査結果をWSJが暴露

Instagramは多くの若者にとって有害との内部調査結果をWSJが暴露
拡大する(全1枚)
記事タイトル
 米Wall Street Journalは9月14日(現地時間)、「Facebook Knows Instagram Is Toxic for Teen Girls, Company Documents Show」(FacebookはInstagramが10代の女性にとって有害であると知っていたことが社内文書で明らかに)というタイトルの記事を掲載した。

 この記事は、同メディアが入手したというFacebook内部の調査部門が2019年と2020年に実施したInstagramに関する調査資料や、若いInstagramユーザー数人のインタビューなどに基づいている。

 内部調査資料によると、調査対象の10代の女性の32%はInstagramを見ることで、自分の体型について気分が落ち込むと答えた。また、米国の10代の男性の14%が、Instagramを見て自分自身について気分が落ち込んだと答えた。

 Facebookによる2020年3月の調査資料には、Instagramの特徴である、最高の瞬間だけを共有する傾向や中毒性が、若者を摂食障害やうつ病に向かってスパイラルさせる可能性があると記されているという。

 「TikTokのユーザーはパフォーマンスに重点を置いており、Snapchatユーザーは顔にフォーカスするが、冗談めかしたフィルターで守られている。それらと対象的に、Instagramは体とライフスタイルの重点を置いている」(2020年の調査報告より)

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Facebook」に関する記事

「Facebook」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Facebook」の記事

次に読みたい「Facebook」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク