iPhone 13 Pro、一部MagSafeアクセサリーと干渉する問題 背面カメラ大型化で

iPhone 13 Pro、一部MagSafeアクセサリーと干渉する問題 背面カメラ大型化で
拡大する(全1枚)
iPhone 13 Pro
 iPhone 13 ProでMagSafeアクセサリーとの干渉問題が起きている。

 iPhone 13シリーズは背面カメラが大型化している。特にiPhone 13 Pro Maxと同じ背面カメラユニットを採用したiPhone 13 Proは、MagSafeアタッチメント領域と背面カメラ枠との距離が近くなっている。

 Apple MagSafe充電器を装着した場合、iPhone 12 Proでは空きが約1cmだったのに対して、iPhone 13 Proで は約5mmしかない。

 Appleが公開する「Appleデバイス用アクセサリのデザインガイドライン」には、MagSafe Case Magnet Arrayのサイズは記載されているが、ガイドラインで背面カメラユニットとMagSafeとの最短距離に関する制限は行われていなかったため、サードパーティー製MagSafeアクセサリーによっては背面カメラに干渉して装着できないものがある。

 また、背面カメラ周りを保護するために突起形状になっているケースの場合、 さらにMagSafeアクセサリーと干渉する場合がありそうだ。

執筆:大石結花

[MACお宝鑑定団]

あわせて読みたい

ITmedia NEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Apple」に関する記事

「Apple」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Apple」の記事

次に読みたい「Apple」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク